介護福祉士とホームヘルパーの違いは?

介護福祉士とホームヘルパーとの違い

どちらも介護を行う仕事なだけに、わかりにくいと感じている方も多いようです。
介護福祉士とは介護を必要としている人全てに介助をする仕事で、ホームヘルパーとは自宅での介助となります。
どちらも介助をするのには関わりが無いのですが、その場所が限られていることがあるのです。

ホームヘルパーは介護者の自宅に足を運び、その人の自宅限定で介助をするお仕事です。
食事や、排泄、入浴の介助など仕事内容は介護福祉士と変わりがなく、家に出向くかの違いだけです。

そして介護福祉士は自宅に特化した介助ではなく、場所を限定せず幅広い方に介助をする仕事です。
介護施設もあれば、老人ホーム、ホームヘルパーもできますし色々な場所での介助の仕事となります。
病院内でも介助を必要としている人はたくさんいるため、その点介護福祉士は職場も多く幅広い方の手助けができるのが強みとなっています。

ただし、現実的にはホームヘルパーという名前がついていても、自宅を越えて病院勤務や介護施設での介助をしている方もいて、名前が違うだけで明確な変化は見られなくなっています。
この理由は今後高齢化社会に伴い介護職員の人材が必要としているのに、実際には不足している現状が関係しているのかもしれません。

今後おすすめなのは介護福祉士

では、介護をする仕事をするならどちらでも良いのではないかと思ってしまいます。
仕事内容、働く場所にあまり変わりがないなら、ホームヘルパーで良いと思ってしまう方も出てくるかもしれません。

その理由はホームヘルパーは比較的簡単な講習で資格を取得できるのに対し、介護福祉士は国家資格で時間の拘束が長く難しいと考えてしまう理由もあるのでしょう。
すぐに現場で働きたい方にとっては、ホームヘルパーのほうが有利なのはいうまでもありません。

しかし、先ほどもいいましたが介護福祉士は国家資格なんです。
これを取得したかによって、現場での状況は大きく変わってきます。

ホームヘルパーは誰でもできるという感覚からなのか、介護福祉士の下で働いている方も多くいます。
給料や待遇の面も変わっており、役職につくことができるのは介護福祉士だけだったりします。
長く勤めるつもりがない方、パート勤務を想定しているならホームヘルパーがおすすめですが、長く勤めるつもりなら上級資格の介護福祉士の資格を取るのが良いといえます。

なかには現場で上司となり、ヘルパー達を動かしていく重大な役職につく方もいます。
責任のある仕事を任せられたり、介護の仕事で遣り甲斐を感じるのはやはり介護福祉士です。

また、既にホームヘルパー2級は廃止となり、今後は介護福祉士の1本化も予想できますから、今のうちに資格を取得しようと考えるのも良いでしょう。